[PR]3
24

PHIMEANAKAS

日記の帯。わたくしが描いたの。Phimeanakasって,アンコール遺跡の一つです。天上の宮殿と謂う。


2003年2月11日

暴動から2週間です。

タイ大使館は、旧日本大使館の建物を使って(フランス植民地時代の雰囲気ある建物です。ただし、セキュリティの面ではいささか不安が残りますが、そこはフンセン首相の私設警備隊がしっかり守るってことで)近々、ビザの発給やらを始めるとのこと。

陸路のタイ国境も、カンボジア人には通貨可能となりました。 ただし、タイ側で買い付けをする人間に限る、ようです。 またも「1週間だけ開いてる」というウワサが国境付近では流れているとかで、「買えるだけ今日は買うよ!」という人もかなり居た模様。でもね、スーパーでも微妙にタイの製品が減ってたりして、プノンペンでは他の国からの製品もたくさん購入可能なので、すぐ困るよ!ってことはないのですが、やっぱり影響は感じます。

日曜日、9日に数千人規模のデモ(Anti, Pro-Governmentとも)が予定されていたのですが、キャンセルになりました。地方からやってくる人たちは、プノンペンに入る主要道路で警察に阻止されたそうです。 それでも市内で小規模な、政府寄りのデモはあったとのことですが、フンセン支持のグループだったので、大きな騒ぎにはなりませんでした。

大事をとって家にいたんですが、杞憂に終わりました。 幸い、というべきですね。

あれから首相は、殆ど「見ざる言わざる聞かざる」戦術でいっているようで、殆どコメントを見聞きしません。 喉もと過ぎれば熱さ忘れる。 って期待してるんでしょうか。 フランス語のことわざで、確かダチョウが頭を(砂に)埋める、なんて言い回しがありましたが、それを思い出してしまいました。 頭かくして尻隠さず。 ちょっと意味が違うか。

野党サムレンシー氏はプノンペン市内で(?)雲隠れ。 先日の暴動の扇動者として逮捕される!というウワサです。 またウワサだ。 でもほんとに彼を逮捕したら、やっぱりCPP,そのつもりだったんじゃーん!と言われるよ。 いいのか、それで?

彼自身はともかく、サムレンシー党の主だった人間の関与の証拠はある!っていうんです。 タケオ県で彼らが学生を集めてデモの準備をしてる写真とビデオがある・・・って?  写真とビデオだぁ? いったい誰がそんなもん撮ったんですか? うそくせぇ。

そんなわけで日曜日は色々注意して、テレビやインターネットで情報収集してたんですが、イラクの騒ぎやコロンビアの騒ぎや、もう世界中で色々あって、カンボジアのことなんか忘れられてしまいました。 デモも結局なかったしね。

しかし、どうするつもりなんざんしょ、ブッシュ大統領ったら。

戦争に乗り気なのって、あんただけじゃん?

武器の在庫整理とか、オイルの利権とか、あと2004年の再選狙いとか、見え見え。 

来年の選挙のために戦争するか。 戦争したら、戦争そのものだけじゃなく、テロでもっと人が死ぬような気がするんですが。

それを考えると、反タイ感情をあおって人気取りを考えたどこぞの首相より、ずっと罪は重いぞ。

もう、責任、じゃなくて罪って言っちゃいますからね。

フセインも強情だが、「世界の正義」を気取るアメリカの大統領なら、もっと正義の意味を考えて行動してほしいわけぇ。

カンボジアでも、戦争反対の署名をかなりの人々が集め始めていますが

やっぱりホワイトハウスにプレッツエルを一杯送りつけるのもよろしいかと。

00のつく年に選ばれた大統領って、暗殺(未遂も含めて)されるってジンクスあった?

んもー、ブッシュとフセインで個人的にどつき合いをして決めてほし。 ついでにどこぞの金さんも参戦していただいてもかまいません。 体力的には、フセインが上か? 金さんは、酒池肉林が祟って個人選で勝ち目はありそうにありません。 なんならビンさんも乱入して下さってもかまいませんが、あくまで個人の肉弾戦ってことでー。

明日はブリッジの日ー。 最近週に三日もブリッジ。 ちょっとやりすぎ。 (ってエビゾリのブリッジじゃありませんことよ)

追記:
なんとプノンペン市長のChea Sophara氏が「異動」でミャンマー大使に。 CPP内で民衆にも人気があり実力もあり、の人だったんですが、はっきりいって、更迭・左遷。 暴動の責任を問われて、ですってさ。 彼、市内にいなかったんですけど、その夜。 市長が責任とって辞めさせられるんなら、首相はどうなるわけ?  しかしこれで、この国でやりたいようにやれるのは、やっぱりあの人だけだってのが明確になりました。 この前デモが暴動に発展して、誰も止めなかったのだって、彼の意思じゃん!と結論されても致し方なし。

国際的な評価が地に落ちても、この国のNO.lでありつづけれれば気にしないってことですか。 強欲だなあ。 もう権力も金力も飽きるほど手にしてるだろうに。 どうせなら、独裁者だって宣言しちゃえばいいのに、民主主義国家です、援助ください、なんていい子のふりなんかしないで欲しいわ。

これでカンボジアの将来、見えたと思うのは私だけではないはず。 一人の人間と、彼にうまく取り入った人間達がこの国をくいものにして、終わりです。




ぺシャワール会ものぞいてみてください。アフガニスタン難民を助けています。月に2000円で、お腹が一杯になるんです。

カンボジアにいる私がなぜペシャワール会? カンボジア関連のNGOは? と思う方がいらっしゃるかもしれませんが。 個人的には、もうカンボジア向けのODAなんか止めてまえ! と思ってるので。 援助慣れしすぎ、カンボジア。 日本の税金が何億円と流れ込んで、確かに多少道路がよくなったりはしてるんでしょうが、その大部分が高級車や大邸宅やダイヤに化けてるような気がする。 援助するってお金を渡すのはいいんですが、もっときっちり監査なり条件なりつけないと駄目じゃないですか?・・・って監査なんかしてると、スキャンダルが出るからやりたくないのか、日本も。 ODAって、もらう方は当然ながら、出す方も大きな利権が産まれるのよねえ。 勝手に私腹をこやすなよ、人の血税で(って怒るほど出してないか、税金? いや、しかし、少しは出してるんだ。やっぱり怒るぞ)。 川口外相、がんばれ

とはいえ、アフガニスタンでも状況は似たり寄ったりかもしれせんね。 お金が流れ込むところに、いつも亡者は群がるのでございます。 灰皿と金持ちはたまるほど、キタナイとやら。 確かにしっかりしてないと、お金なんか貯まらないでしょうが。
  

前の日記次の日記 back number