[PR]3
24

PHIMEANAKAS

日記の帯。わたくしが描いたの。Phimeanakasって,アンコール遺跡の一つです。天上の宮殿と謂う。


12月26日

みなさま楽しいクリスマスを過ごされましたでしょうか?

わたくしは、地味ーに過ごしました。 友達一人、泊まりにきてたけど、インド人だし、キリスト教徒じゃないし、前日も遅くまで働いてフラフラだったし。

でも、ケーキ類だけはしゃかりき焼きましてよ。 Linzertorte(しかしこれはクリスマス特別ケーキではないな)と、アーモンドたっぷりのクリスマスクッキー(しかし灼熱のカンボジアでは生地がすぐたらたらになってしまって、怒!)それと、Stollen。 これは、いかにもクリスマスですねえ(しかしマジパンが入手できず。でもあんまり好きじゃないからいいんだ)。

ここはいつも暑いので、イースト発酵は楽々。ほっとけば、生地はどんどんふくらむ。 すばらしい。

あっ、アンコールワットのある街、シェムリアップで爆弾さわぎ。 ASEAN閣僚会議の騒乱目的だの、ベトナム系に対する嫌がらせだの、現政権の切り崩し目的だの、諸説入り乱れております。

幸い爆発物は、起爆前に発見されました。 実行犯も逮捕されてます。 お金で雇われたそうで。 背景は不明ですが、CFF(Cambodia Freedom Fighters。 2000年11月にテロ騒ぎを起こしてます)が関与か? という噂。

にしても。

爆弾仕掛けるのでもあまり「いい仕事」しないカンボジア。 ありがたいような、やっぱりーね、のような。 カンボジア人のつめの甘さ、が良い方に転んだ例でしょうか。

ま、そんなとこっす。 

私へのクリスマスプレゼントは・・・自分で買ったもんがある。 

最近インターネットオークションが結構面白くて、よく見てるんです。 最初はルース(貴石・半貴石の裸石)を探してたんですけど、見てると何でもある、ある。 開封済みの化粧品、とかまで。 どっかでもらった化粧品のサンプルだって、売ってる。

ほとんど落札、というより入札もせずに見てるばっかりなんですけど、なんか、面白いんですー。 色々なモノが商品になるその可能性というか。 「こんなもん売るか(買うか)」ってモノ、結構あって。 でも、売れるんですねえ。 面白い。

市場とは何かや? と考えさせるオークションでございます。

・・・クリスマスと関係ありませんね。

カンボジアのクリスマス、ホテルはディナーなんかのイベントをやってるし、大きなスーパーの前にはサンタがソリに乗ってたり、ツリーが飾ってあったりします。 が。 

どうにも雰囲気はでませんねえ。 暑いもん。 やはり師走もクリスマスも年末年始も、ひーっ寒い!って思わないと実感できない。

そんなわけで、クリスマスカードも年賀状も準備しないまま、2002年が終わりつつあるのでございます。 いかんいかん。

ご無沙汰している皆様、申し訳ございません。 にゅーすがないのは良いにゅーすってことで、ご勘弁くださいまし。

友達がこういう写真を送ってきました。 サンタが来なかったという方がいらしたら、これで納得してください。
ちょびっとブラックな写真なので、怒るよ!という人は見ないでねー。
Santa Claus is NOT coming、だってさ。













ぺシャワール会ものぞいてみてください。アフガニスタン難民を助けています。月に2000円で、お腹が一杯になるんです。

カンボジアにいる私がなぜペシャワール会? カンボジア関連のNGOは? と思う方がいらっしゃるかもしれませんが。 個人的には、もうカンボジア向けのODAなんか止めてまえ! と思ってるので。 援助慣れしすぎ、カンボジア。 日本の税金が何億円と流れ込んで、確かに多少道路がよくなったりはしてるんでしょうが、その大部分が高級車や大邸宅やダイヤに化けてるような気がする。 援助するってお金を渡すのはいいんですが、もっときっちり監査なり条件なりつけないと駄目じゃないですか?・・・って監査なんかしてると、スキャンダルが出るからやりたくないのか、日本も。 ODAって、もらう方は当然ながら、出す方も大きな利権が産まれるのよねえ。 勝手に私腹をこやすなよ、人の血税で(って怒るほど出してないか、税金? いや、しかし、少しは出してるんだ。やっぱり怒るぞ)。 川口外相、がんばれ

とはいえ、アフガニスタンでも状況は似たり寄ったりかもしれせんね。 お金が流れ込むところに、いつも亡者は群がるのでございます。 灰皿と金持ちはたまるほど、キタナイとやら。 確かにしっかりしてないと、お金なんか貯まらないでしょうが。
  

前の日記次の日記 back number