[PR]3
24

PHIMEANAKAS

日記の帯。わたくしが描いたの。Phimeanakasって,アンコール遺跡の一つです。天上の宮殿と謂う。


10月17日

時差ぼけもとれて普段のペースです。

時差ぼけは、西から東へ行くときの方がやっぱり辛いっす。 夜眠れず朝眠い。 なかなか修正できない。 メラトニン?だっけ、時差ぼけに有効とやらですが、まあそれを使うほど切羽詰ってはいないし、1週間かけて修正。

とまあ、そんなことたぁどうでもいいんだ。

カンボジア。 雨少なめ。 先日バンコクでは洪水になってしまってましたが、こちらは警戒水位にあるものの、プノンペンでの洪水は免れそうです。 やれやれ。 でも、雨降ってないのに水位の高い河を見るのってなんか変なカンジ。 今年の水祭りは11月も後半にあります。 陰暦にそって行われるので、毎年日付が変わるんだけど、いつもはもう少し、早い。 この前は、10月末の国王誕生日とほぼ重なってました。 

カンボジアって祝日が多いのよ。 特に、今の時期は。
10月6・7日 Puchun Ben (お盆みたいなもんです)
10月 8日  7日の振り替え休日
10月23日  パリ平和条約(締結記念日)
10月30日  国王誕生日
10月31日  国王誕生日(の続き)
11月 1日  国王誕生日(のついでで休み。金曜日だもん)
11月18-20日 水祭り

これに土日を入れると、10月、11月の休日数は共に13日。 月の半分休みじゃん! で、二日くらい休暇をとれば、カンタンに10日連続休暇。 ゴールデンウィークが2回あるようなもんです。

あ、11月9日も祝日でした。 独立記念日。 土曜日。 これも次の月曜日に振り替えられるのか?

もう、10月・11月、官公庁は機能しない!と言っていいのではないでしょーか。 連休ナシの普通の金曜午後だって、もうオフィスに人がいないって噂だし。

幸いスーパーとかは大体開いてるんで、食糧危機にはなりませんが。

あ! でも!

今年はおまけに11月4日から、ここでASEAN サミットがあるんすよ。 7日まで。  VIPの安全の為に、市内主要道路は殆ど通行止めになる! って噂です。 ひー。 ノロドム、モニボン、マオツェトン、シアヌーク。四本。 ついでに河沿いの道路もVIPが使う道路があるのでダメ。 はっきりいって、サミット開催中プノンペン市内での移動は絶望的になりそうです。 食料買いだめして、家でTVでも見てるしかなさそうな。

あの、バリ島でのテロもあったから、ますます警備が厳しくなりそう。 各国のVIPは、自前の(!)SPを50人連れてくるんだそうだす。おまけに、完全武装の。 小型戦争でも始めるのか。

うーん、どうなんでしょうね、ASEANサミット。 テロの標的になるのかなあ。 イスラム教国だってはいってるんだし、ねえ。

しかし。

腹立ちますね、バリのテロ! なーにを勝手な理論で人を殺しとるんじゃ! インドネシア人の死傷者も多数とか、イスラムの人間殺してるじゃないか(バリだからきっとヒンズー教徒だよ、とか突っ込まないでね)。 それとも、これも聖戦の一部だから、イスラム教徒だったら天国行けるからいいんだよ、って言うのか。 勝手に決めるな。

勝手といえば、北朝鮮も勝手ですが。 軍の一部の跳ね返りが、なんてウソを言ってはいかんよ。 そんなのが通じるのなら、日本だって大戦中の「侵略」や「虐殺」やらはすべて「一部の跳ね返り」がやったことですからこちらは関知しませーん、で済ませちゃうよ。

拉致された5人の方が、一時帰国できたのは喜ばしいことですが、どうなんでしょうね?

私は日本を出て10年ってとこですが、こう、まあ、お気楽に暮らしてたってやっぱり外国暮らしの影響はあるわけでして。 それなりに、軋轢もあるし、それを克服すると今度は日本に戻ったときに違和感が出たり。

20年以上、あの北朝鮮で暮らしてらしたってことは、精神的サバイバルも並大抵ではなかったと想像するのであります。 日本は恋しいかもしれないけれど、日本で今から暮らすのも、実は大変になっているのかも。

洗脳された云々以上に、いろんな意味で「体温差」とでも言うようなものがあるのではないでしょうかねえ。

しかしまあ、テロにしても拉致にしても、腹は立ちますね。

信仰するのはよろしいけど、人に強要しないでちょーだい。

ま、アメリカの正義の理論だって同じようなものだ。 あれは、世界の経済的・軍事的覇者をめざすアメリカのナショナリズムそのまんま、とも言えましょうが。



ぺシャワール会ものぞいてみてください。アフガニスタン難民を助けています。月に2000円で、お腹が一杯になるんです。

カンボジアにいる私がなぜペシャワール会? カンボジア関連のNGOは? と思う方がいらっしゃるかもしれませんが。 個人的には、もうカンボジア向けのODAなんか止めてまえ! と思ってるので。 援助慣れしすぎ、カンボジア。 日本の税金が何億円と流れ込んで、確かに多少道路がよくなったりはしてるんでしょうが、その大部分が高級車や大邸宅やダイヤに化けてるような気がする。 援助するってお金を渡すのはいいんですが、もっときっちり監査なり条件なりつけないと駄目じゃないですか?・・・って監査なんかしてると、スキャンダルが出るからやりたくないのか、日本も。 ODAって、もらう方は当然ながら、出す方も大きな利権が産まれるのよねえ。 勝手に私腹をこやすなよ、人の血税で。 川口外相、がんばれ

とはいえ、アフガニスタンでも状況は似たり寄ったりかもしれせんね。 お金が流れ込むところに、いつも亡者は群がるのでございます。 灰皿と金持ちはたまるほど、キタナイとやら。 確かにしっかりしてないと、お金なんか貯まらないでしょうが。
  

前の日記次の日記 back number