[PR]3
24

PHIMEANAKAS

日記の帯。わたくしが描いたの。Phimeanakasって,アンコール遺跡の一つです。天上の宮殿と謂う。


10月4日

あら、10月ですわね、もう。

カンボジアに帰ってきました。 雨季なので、それなりに涼しい、というべきか、さすがに猛暑ではない、というべきか。

ドイツは異常気象のおかげ?で、私の居たあたりはいつまでも暖かく、小春日和のようでした。 さすがに最終の2週間は冷えてきてましたが、その半分はキプロス島にいたもんね。 キプロスったら、暑いの。 地中海たって結構緯度は高いから、そんなでもなかろう!と侮っておりましたが、実はそれなりに暑い。 

歴史的に面白い島、ではありましたが、観光観光!だけでもってる(キプロス共和国側は。トルコ側はそうでもないらしい)島で、おまけに開発がどーっと進んだのがおそらくう70年代後半。 物価も高ーい。 ちょっとオトナ3人で食事をしたら、8000円くらい取られた。 お酒は飲んでないのに。 これ、普通の物価か? なんか、安いとこにしか住んでないから段々物価感覚がおかしくなってるかも。

ま、とにかく、味も素っ気もない、大き目のホテルが林立しておりまして、なんかこういっては悪いけど、新幹線の駅から見える熱海を思い出しましたわ。 地中海の、ギリシアっぽい、紺碧の海に映える白壁の家! なんか殆どないのー。 ホテルもそんなの沢山ありそうなのに、ソビエトのアパートを連想させるような建物が多くて。 

ビーチも確かに白砂遠浅紺碧の海で綺麗でしたが、キュラソー暮らしをした人間には、あまり感動がない。 おまけにちっちぇえの。そこに9月の終わりだってのに、山のように観光客が寝そべるものですから、なんだかねー。 トップレスの人も沢山。 でもさすがにシーズンオフなので、中高年の人が殆ど、眼福というよりは眼痛のケースが多かったような気がします。

ビキニとは、肉体美を誇るのではなく、なるべく沢山の日光を吸収するために着るものだったのであります。 再確認。

日本のマーケットはどうなんでしょうね? それこそ、90歳? という感じの女性がちゃんと花柄ビキニを着ていらしたのには感心した。 ちゃんと、商品があるんだなあって。 まさか90歳向け、と銘打って売ってるわけではないでしょうが、10代20代向けでは決してないわけで。 というのは、サイズの問題で。 日本で言ったら、19号より上かなあ。 

まあそれだけ沢山の人が大きいサイズを着るので、作っても売れるんでしょうけど。 私の9号サイズ、下手すると7号なんて、なかなか売ってないもんね。 特に、ドイツ、オランダ。

話がそれましたな

2ヶ月ぶりに戻った我が家はなんだか我が家という感じがせず、他人の家のようでありました。 なんでだろう。 ドイツでの生活に慣れきってしまってたの、実は? 

来年の今頃までは居ると思ってたカンボジアですが、なにやら予定が怪しくなってまいりました。 っていつものことだねい。 予定はあくまで未定である。 来年1月、はまだここに居ると思う。 けど、これも分からない。 降ってわいたような話、はいつでも降ってくる可能性があるし。 来年1月ったら、あと3ヶ月じゃないですか。 3ヶ月後の居場所も分からない私。 うう。 これもいつものことだけど、やっぱり嫌いだ、こんなの。

さて、こちらに帰ってきてからまだ新聞も読んでないので(昨日の朝帰ったんだ。時差ぼけぼけぼけー)カンボジアの近況やら分かっていませんが、ま、どうということもなかった2ヶ月のようでございます。 

あ、でも知人が亡くなっていた。 まだ30歳くらいだったのに。 お風呂場で滑って、頭を強く打ったらしいです。

ああやはり、人間先のことは分からないざますね。 この前も、同級生が事故で亡くなったばかり。

今日死んじゃったら、3ヶ月先のことが分からないのもどーでもよろしくなってしまうな。

今日はせっかくですから、キプロス島の写真を一枚載せておきましょう。 こんなローマ時代の遺跡から続いてビザンチン帝国、ベネチアの統治時代、トルコ統治、イギリス植民時代、の遺物が色々あって面白いとこなんですよ。 あ、イギリス植民地だったから、車は右ハンドル。




ぺシャワール会ものぞいてみてください。アフガニスタン難民を助けています。月に2000円で、お腹が一杯になるんです。

カンボジアにいる私がなぜペシャワール会? カンボジア関連のNGOは? と思う方がいらっしゃるかもしれませんが。 個人的には、もうカンボジア向けのODAなんか止めてまえ! と思ってるので。 援助慣れしすぎ、カンボジア。 日本の税金が何億円と流れ込んで、確かに多少道路がよくなったりはしてるんでしょうが、その大部分が高級車や大邸宅やダイヤに化けてるような気がする。 援助するってお金を渡すのはいいんですが、もっときっちり監査なり条件なりつけないと駄目じゃないですか?・・・って監査なんかしてると、スキャンダルが出るからやりたくないのか、日本も。 ODAって、もらう方は当然ながら、出す方も大きな利権が産まれるのよねえ。 勝手に私腹をこやすなよ、人の血税で。 川口外相、がんばれ

とはいえ、アフガニスタンでも状況は似たり寄ったりかもしれせんね。 お金が流れ込むところに、いつも亡者は群がるのでございます。 灰皿と金持ちはたまるほど、キタナイとやら。 確かにしっかりしてないと、お金なんか貯まらないでしょうが。
  

前の日記次の日記 back number