[PR]3
24

PHIMEANAKAS

日記の帯。わたくしが描いたの。Phimeanakasって,アンコール遺跡の一つです。天上の宮殿と謂う。


3月29日

あーははははー。 3月も終わり。 実は明後日出発して4月1日から私は日本におります. エイプリルフール帰国。 5週間ばかり滞在して、またその後はカンボジアに舞い戻ります。 避暑だ、避暑。 (エイプリルフールテロなんか、無いでしょうね。 なんか不安。 爆弾だ! うそだよーん、とかいうのもやめて欲しい。 機長に「当機はただいまコントロールを失いました」なんて言われたりして。 4月1日だから嘘、でも嫌。 4月1日なのにほんと、だともっと嫌だ) こんなこと書いててほんとに何か起こったら洒落にならん。 ならんが、まあ、仕方がない。

毎日毎日暑さが増しております。 夜も熱帯夜。 雨でも降れば多少ホコリもおさまるし、夜なんか過ごしやすくなりそうですが曇っても、降らない。 インターネットの天気予報は、毎日のように「雷雨」マークがついてるのに、降らない。(でも雷雨マークの上にしっかり「?」がついてるところが、すごい。 用心深いぞ。 そんなに心配しなくても「信じたおかげで汗かいた!」とかいって私は訴えたりしないのに。 さすがはアメリカのサイトだ・・・?) やっぱりここの気象予報「5月まで雨なし」が当たるのでしょうか。 びみょーに、カンボジアの一部地域では雨が降ったりもしているようですがね。 あ、水曜日にちょびっと降ったな。 あれを降ったと表現してもよいのなら。 「あ、雨だ!」 と言ったとたんに止んだ程度の、まあ、いわゆる、セミのおしっこみたいなもんでした。

そしてつまりは、タンクトップにショートパンツで座っているだけで汗がじわーっと出てくる4月に突入なのであります。

カンボジア/プノンペンの近況。 毎日のように見る交通事故。 増加の一方です。 友達も、モトタクシー(バイクタクシー)の事故で怪我。 バイクがクルマに当たられて転倒。 友達は投げ出され、道に倒れている間に、クルマの運転者もバイクの運転者も逃走。

幸い、ちょっと深めの擦り傷ですんだようです。 で、このやろ、許せん!と思うのは当事者と外国人くらいのもんで、カンボジアでは当たり前の光景なのでありました。

・・・野次馬だけは、周りに沢山集まるけどね。

運転免許なんかあってないも同然のカンボジア。 クルマとセットで売ってるの。 

あとは、縫製工場が賃上げデモの参加者に放火された話。 あんたら、自分の職場が火事になったら賃上げどころか、明日からのお給料だってもらえないのに。 何を考えているんだ。

ま、放火、押し入り、コンピューターやらミシンの盗難は、実は既に解雇された人間が主になってやったことだ、という話ではありますが。

今日がよければいいっていうの、そろそろなんとかなりませんかね?

地方の村落なんか、誰かが土地を売って290ドルばかり現金収入があって、そこで奥さんが金を20グラムばかり買って、なんてことがあると数日後には強盗が。 アメリカの親戚から400ドル送金があったとか、そんなのでもすぐ強盗が。 小さな村で外部の人間の犯行とも思えません。 あ、単なる強盗じゃなくて、強盗殺人。 どうも顔見知りの犯行らしく、口封じで一家全員殺しちゃうのね。 それにしても、すぐ犯人なんかばれるだろ! って犯罪が多い。 

警察が頼りにならないし(だいたいが警察だって簡単に買収される)
1.強盗やったって捕まらないとたかをくくっているのか、
2.つかまったらその時だ、と開き直っているのか、
3.捕まるかも、という先のことなんか考えもしないのか。

3のような気がする。

今がよければいいのかー。

ま、そうなんだけどね。

30年先のことを計画したり、不安に思ったりしても、どれだけ意味があるのか不明ではあります。
(個人的にね。 都市計画なんかは。少なくともそれくらいのスパンでものを考えて欲しいものですが。 一応、地球は存続していくという設定でしょ。 巨大隕石の接近! 日本沈没! なんてことは映画を見ても自分の現実的な将来だとは思わないもん、普通)

日本人とカンボジア人を足して2で割れ。 

適当に将来の展望があって、適当に計画性のある人間。

じゃなくて

今日のことだけ細かく考える人間
あるいは
将来のことをよく考えるがあまりに大雑把で意味無い人間

になったりして。

あ、えーと、そんなわけで更新がますます4月中は少なくなりますが、悪しからず。
コンピューターも買い換え予定なのです。 VAIO と BIBLO,どっちにしよう? 今はIBMなんだけど。

ぺシャワール会ものぞいてみてください。アフガニスタン難民を助けています。月に2000円で、お腹が一杯になるんです。


前の日記次の日記 back number