×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


PHIMEANAKAS。かの有名なアンコール遺跡群の一つ。
「天上の宮殿」あるいは「空中楼閣」




12月23日

アメーバ全快、の後にわたくしを襲う、鼻かぜ。

風邪ならまぁどうってことはない、筈だったのですが、いかんせん抵抗力が落ちまくっておるこの頃。 あっ!という間に咽頭炎を併発いたしました。 大体何かあるとすぐ喉にきてしまう体質ではありますが、今回は早かった。

鏡を覗いて、あーんとすると、喉に見えるのは真っ赤な炎症と、白いぶつぶつ。 
この白いのが現れると、抗生物質が必要になるのだ。 と、これはもう数回の体験から熟知しているわけで。

で、また行きました、病院。 幸いごく初期だったんで、薬もらってもうお終いです。 今日で1週間飲みました。抗生物質。 これでまた体のどこかにひずみが出なければいーんですけどねっ。

さて、クリスマスですが。
あ、一応、皆様、 めりーくりすます!  はい。

カンボジアのクリスマスは、地味です。 戦前の日本って、こんなだったのかな? カンボジアって仏教国だし、内戦やってる間はクリスマスどころじゃないし、97年来の平和でちょっと余裕がでてきて、くりすます、なんていう外国の風習に目を向け始めたところです。 一般の人では、クリスマスなんて知らない人の方が多いかも。 知ってても、意味なんかは知らないだろうな。

とはいえ、日本で大騒ぎするクリスマスの意味をどれだけの人が知ってるのか? といわれたら、ううーん、なんすけど。 

この前サンタの服を着せられてる子供がいた。 クリスマスパーティ、とかじゃなく、「お出かけ着」だったみたい。 この暑いのに、長袖で、帽子まで被せられて、ちょっと気の毒ー。 

ホテルなんかではクリスマスメニューなんかを出して宣伝してますが、行きたいような、行きたくないような。 七面鳥なんかそんなに食べたくないし、でもたまにはそーいう外食がしたいし、だけどこの前アメーバ拾っちゃったからちょっとコワイし、ま、今回は見送りかなあ。 

閑話休題

11月末にあった「テロ」騒ぎを起こした団体、CFFのリーダーがバンコクでインタビューを受けてました。 フン・セン首相打倒の為に、俺はあきらめないぞ! カンボジアの人々を彼の政府から解放するために、新たな攻撃を計画中だ!  待ってろよ!
という話でしたが

ばーかーやろおー。

が個人的意見です。 フン・セン首相は最上の政治家ではないかもしれませんが、ここ数年のカンボジアの平和維持が第一だろーが。 カンボジアの人々のため! なんて言うなら、下らない騒ぎを起こしてカンボジアの評判を落とすな! 外国資本が尻ごみしたら、また貧乏一直線だ! 大体国家収入の3分の1が海外援助のカンボジアなんだから、これ以上悪いイメージ作ってる余裕はないんだ!

なんだけど、どうも本人、「自分がカンボジアの解放者になる」が夢らしく、どーにもなりませんな。 好きな映画が "Braveheart" と "Gladiator" で毎日のように観てるそうで。 もしかして、ただのお馬鹿?

CFF内でも「彼が勝手に行動してるだけ」という幹部(元幹部?)も居るようで、どうも、おかしい。 ああー、そんなんやりたいならTVゲームかなんかで満足しておいて欲しいんですけど。 勝手に人を巻き込まないでね。 10ドルも払えばマシンガン言われた通りに撃っちゃうような人が一杯いる国で、変な煽動をしないでくれい。

アメリカ在住の彼、誰か逮捕してくれないの? やれやれ。

さて、クリスマスはともかく、新年もこちらの「カンボジア新年」とは暦が違うので、地味になりそうですが

とにかく皆様よいお年を。




HOMEback numberカンボジア